ビジネスにも役に立つ!ライブ配信をもっと有効活用するための豆知識を紹介

このサイトではビジネスなどでも役に立つ、ライブ配信に関わる豆知識を紹介していくので、実際にビジネスに活用してみたい人がチェックすると参考になる筈です。
無料で配信で活用することができるアプリやサービスもありますから、そのようなサービスの内容についても解説をしていきます。
スポーツの試合を実況したりするようなこともできるので、多くの人にスポーツの魅力や観戦をする醍醐味などを伝えるようなこともできる筈です。

ビジネスにも役に立つ!ライブ配信をもっと有効活用するための豆知識を紹介

ビジネスをするときに集客や商品の魅力を多くの人に伝えるような工夫が必要となりますが、ライブ配信を導入することで簡単にサービスや商品を多くの人に知って貰えるチャンスがあります。
ライブ配信には豆知識がありますが、インターネットを使用することで各自の好きな場所から配信をすることができますし、無料で使用することができるアプリなどを活用することで、コストをかけずに宣伝の効果を得るようなことも可能です。
複数のアプリで同時にライブ配信をするようなこともできますから、豆知識として持っておくと役立つと考えられます。

臨場感あるライブ配信の種類について

他の人とは違った個性を活かしたライブ配信を行いたい場合、ただ漠然と好きなことを動画にしてアップロードしているだけでは多くの人を惹きつけることはできません。
より沢山の視聴者を獲得する為に必要なことは、誰にもまねできない臨場感もあるライブ配信を行っていくことです。
例えば、より臨場感を感じられてほどよいスリリングさを味わってもらう為にも、撮影方法を特殊にしていくと魅力が増していきます。
一番良い方法はドローンを利用することで、性能の高いドローンを駆使すれば知らなかった場所まで自由に見ることが可能となり、高い場所から迫力のある映像を撮ることができるようになりました。
しかもドローンには豊富な種類があるのが特徴で、小型タイプから俊敏な動きを可能にしたタイプ、耐熱性に優れているので高温の場所でも自由に走行できる画期的なものまであります。
今ではマグマ付近をドローンで見渡すこともできるほど性能が上がってきているので、スリルを発信する為には欠かせないアイテムになっていくでしょう。

ライブ配信を外注する際の料金の相場

ライブ配信の外注の料金相場はどれくらいなのか、外注する時にポイントも紹介していきます。
新型コロナの影響で、企業でも近年ライブ配信が増えてきました。
そのために、商品説明会や会社説明会もライブ配信サービスを活用するところがふえており、今から多用してきたいシステムです。
では、どれ程度のお値段がかかってくるのでしょうか。
料金の決まるものは、機材の数と、配信時間で変わってきます。
そして付随するスタッフの数や交通費などもかかるために、自分でするよりも高くなりがちではあります。
ただしプロが演出するので、かなり画像性が高いのは魅力です。
配信データの納品方法で値段も変わってきますが、DVDなどに入れると機材費がプラス込みとなるのです。
その他色々な会社からまず見積もりをとることで、どれくらいのお金がかかるのかを把握すると良いでしょう。
規模や内容によるので、一概にこのぐらいの金額と相場があるわけではありません。

ライブ配信を盛り上げるコツとは!

せっかくライブ配信を実施しても、淡々と進んで終わったのでは意味がありません。
動画を録画して配信するケースと変わらないので、特別な効果を得られることはないでしょう。
やはり盛り上げる工夫が不可欠であり、それによって鮮烈なインパクトを残しやすくなります。
具体的なコツとしては、視聴者の質問に答えることが挙げられます。
ライブ配信の特性を活かして、チャット形式でリアルタイムに受け付けると良いでしょう。
事前に募集する方法もありますが、それは普通の動画配信でも可能なので差別化したいところです。
ただし、質問を想定して回答の例を考えておく必要があります。
なかなか答えられないと盛り下がってしまうからです。
また、視聴者に理解できているか尋ねて、説明の程度を調整することもポイントになります。
置いてけぼりになる人がいないように心がけましょう。
ライブ配信の終了まで視聴者が減らなければ、盛り上がっていたと判断しても買いません。

おすすめのライブ配信アプリを紹介

おすすめのライブ配信アプリはまず17Liveです。
これは利用者数が多く、芸能人の利用者も少なくありません。
日本だけでなく台湾や香港でも人気があるため、面白いものを配信したら拡散するのが早いです。
短い期間で知名度をアップしたい人におすすめです。
次も有名人の利用者が多いライブ配信アプリ、SHOWROOMです。
配信者向けのオーディションイベントを開催しているので、これをきっかけに芸能人になりたい人に適しています。
若い女性が人気を獲得しやすい雰囲気があります。
もっとまったりとした雰囲気が好きな人にはふわっちがいいでしょう。
ふわっちは名前からも分かる通り、ゆるい雑談をする人向けのものです。
自己アピールが苦手な人でも気軽に始められます。
さらにスタートしやすいのがピカピカです。
アバターを作って配信できるから、顔を出さなくていいのです。
配信以外にも文章や動画を投稿できるので、毎日リスナーとつながることが可能です。

著者:日高直樹

筆者プロフィール

岡山県岡山市生まれ。
ライブ配信 料金